トップトピックス一覧>老後を無理なく過ごすには、定年までに貯金はいくら必要?

老後を無理なく過ごすには、定年までに貯金はいくら必要?

誰しも老後のことを考えて不安になるのが、「どれだけ貯金があれば老後は安泰なのか」ということではないでしょうか。

この記事では、老後を無理なく過ごすにはどれだけの貯蓄が必要なのか。そして、そのためには何が必要なのかを検証します。

定年までに必要なのは3500万円

働いている時と同じ生活水準で老後を過ごすには、一般に3000万円から3500万円の貯金が必要だといわれています。

つまり、大半の企業では60歳が定年なので、60歳までに3500万円の貯金を貯めて入れば、お金に関しては安心してよいということになります。

退職金の「リアル」は、2000万円?

しかし、退職金の相場は、2000万円をちょっと超えるくらいだといわれています。つまり、退職金だけでは、目標額となる3500万円には届かないのです。

さらに、現在は企業も苦しく、4社に1社は退職金の制度すらもない状況です。退職金があっても足りない状況なのに、その退職金すら支払われないこともあるのです。

「私の会社は大丈夫」と高を括ることもできません。このご時世、どんな大企業でも安泰ではないのは今さら指摘するまでもないでしょう。

こういった状況の中、最近では再雇用制度や勤務延長制度などを活用して、65歳もしくはそれ以降も働き続ける人が増えています。現実的な選択といえるでしょう。

年金も当てにできない?

さらに追い打ちをかけるかのように、私たち庶民の味方である「年金」も減少し続けています。

無理もありません。定年後の人口、つまりもらう側が増えている一方で、勤労世代の人口、つまり支える側は減っているのですから。

そのため、保険料は上がっていっているのに、支給額は減少しているといういびつな状態になってしまっています。

現在、一般的な夫と妻の年金支給額は、合算しても月額にして22万円程度です。これでは、貯蓄に回すどころか、1か月の生活費を賄うのも厳しいのです。年金頼みでは、余裕のある老後を送るのは難しいかもしれません。

それでは、私たちが余裕のある老後を送るためには、どうすればよいのでしょうか。